雑記

アルミテープの光沢具合を比較してみた。

ハンドメイドルアーの模様付けで、アルミテープを使っている方が多いと思います。

私も数社のアルミテープを持っていますが、光沢具合がメーカーによって違うんですよね。

ということで、各社のアルミテープを比較してみました。

これからアルミ貼りを考えている方はご参考にどうぞ!

各社アルミテープの光沢具合  比較

手持ちのアルミテープ3社を並べてみました。

蛍光灯が斜め後ろから照らしていて、見づらくてスミマセン(^^;

パッと見で、光沢具合が全然違うのが分かります。

左から順番に見てみます。

ニトムズ アルミテープS 50mm×10m

一番、光沢が少ないこちらは、『ニトムズ アルミテープS 50mm×10m』です。

光沢が無いのは、表面に細かい線(ヘアライン)が加工されているからです。

ルアーに貼る場合、これくらいの光沢具合が、違和感ない感じがします。

ダイソー アルミテープ

真ん中のこちらは、『ダイソー アルミテープ』です。

青い部分は私のスマホが反射しております(^^;

左のニトムズに比べると、かなり金属っぽい光沢になってますね。


日東エルマテリアル アルミテープ(ツヤアリ)

右のこちらは、『日東エルマテリアル アルミテープ(ツヤアリ)』です。

商品名に『ツヤアリ』とあるように、3社の中で一番テカテカな感じです。

光物の魚だと、これくらいなのでしょうか?

海釣りしなので、ちょっと分からないですが。。。

ソルト用のルアーのアルミは、テカテカなイメージがあります。

用途に合ったテープがおすすめ

以上、3社のアルミテープを比較してみました。

ルアーに貼る場合、対象魚によって合う、合わないがあると思うので、実際の釣果で比較するのが良いと思います。

私も、テカテカなアルミテープでクランクを作ってみようと思います!

どんな釣果になるか、楽しみです(^^)

銅テープのあるので、こちらもそのうち実験してみようと思います。