ハンドメイド

【エポキシコーティングのベタつき】コニシ ボンドEセットの硬化不良の原因は?

ハンドメイドルアーのトップコートの一つに、2液性のエポキシを使う方法があります。

私自身、自作クランクのトップコートで、9割方はエポキシを使用しています。

これまで数社のエポキシを使用、検証しましたが、初心者の方は『コニシ ボンドEセット 90分硬化型』が安くて、強度もあるのでオススメです。

ただし、この『ボンドEセット』、下手をすると硬化不良を起こします。

私も使い始めたときは、何度も失敗しました。

何日経っても表面が「ベタベタ」or「ペタペタ」していて、悲しくなった思い出があります。笑

今回、そんな失敗を踏まえて、私なりに検証した結果を記事にしてみようと思います。

主剤と硬化剤の比率が大事

2液性エポキシ接着剤は、【主剤】と【硬化剤】の2つの液体を混ぜて使うものです。

混ぜるときの比率が重要で、分量を間違えると硬化不良の原因になります。

『ボンドEセット 100g』の場合、主剤55g、硬化剤45gで梱包されています。

単純に重量比で計算すると、

主剤55g:硬化剤45g=1:0.8181….

となるので、主剤1gに対して、硬化剤0.82gが適量になります。

がしかし!

私の経験から申しますと、この比率で混ぜて使った場合、高確率で硬化不良が発生しました。

オリジナルの混合比を探す

結論から書きますと、混合比を色々変えて実験した結果、『主剤1g:硬化剤0.4g』の割合にすると、カチカチに硬化させることができました。

実際にコーティングしたときの様子

主剤1.5gを測り、

1:0.4の割合にする為、主剤1.5gに対して、硬化剤0.6gを入れました。

尚、使用する容量が多いほど、比率に対する誤差が少なくなるので、多めに作った方が精度は上がります。

主剤1.5gと硬化剤0.6gを混ぜるより、主剤15gと硬化剤6gを混ぜた方が、混合比の誤差が小さいです。

『1:0.4』が絶対とは限らない

ご注意いただきたいのが、『1:0.4』という比率が絶対というわけではありません。

まず私が使っているEセットは、2年前くらいに買ったもので、少し古いです。

経年的なものが、混合比に影響があるかもしれません。

また、部屋の温度、湿度などの作業環境で、硬化具合が変わる可能性があります。

一つ言えることは、『各々の作業環境で混合比が違うかも』ということです。

メーカー推奨値でダメなら、自分たちで硬化する条件を探した方が確実です。

よく混ぜるべし

次に重要なのが、主剤と硬化剤をよく混ぜることです。

主剤と硬化剤は化学反応によって、硬化していくので、混ざっていないと硬化不良の原因になります。

ボンドEセットは粘度があって混ざりにくいので、硬化不良を起こしやすいと思います。

私は爪楊枝と、カットした紙コップを使ってます。

底の部分は、混ざりにくいので、爪楊枝で丁寧に混ぜています。

付属のヘラで混ぜるのが一番手っ取り早く確実ですが、気泡が出来やすいです(^^;

温める!

混ざりやすくするには、熱を加えて柔らかくすると良いです。

例えば、冬の時期なら、混ぜる前に主剤と硬化剤のチューブにファンヒーターの温風を当てるとか、こたつに入れるとか。

私の場合、ヒートガンで温めながら混ぜてます。


混合時の気泡を抜く

粘度が高いと、混合時に気泡が発生しやすいです。

そんな時は、ヒートガンなどで温風をあてると、消すことができます。

温風はドライヤーでも良いのですが、風が強いタイプはホコリも飛ぶので注意です。

あと火力不足だと時間がかかってしまいますね。

さて、Eセットで発生した気泡ですが、、、大き目の気泡は簡単に消えますが、細かいやつは消えづらい感じです。

なので、キレイに仕上げたい場合、気泡が出来ないようによく混ぜましょう。

温め過ぎ注意

注意点として、混ぜて熱を加えると、硬化を促進させてしまうため、過剰反応が起きる場合があります。

過剰反応が起きると有害ガスが発生するので、温め過ぎないよう気を付けてください。

私は何度か白煙が発生してビビりました(^^;;;

なので、換気しながら作業したほうが良いです。

硬化時間、日数

Eセットは混合して90分後から硬化が始まり、ゆっくり硬化が進みます。

完全硬化するには、私の経験上、夏場で3~4日、冬だと1週間くらいかかると思います。

混合比が合ってないと、さらに遅くなると思います。

今回、実際にコーティングして余ったエポキシを観察してみました。

1日経過

硬化はしているが表面はベタベタしていて、指紋が付く状態です。

2日経過

かなり硬化しているが、まだ少しペタペタします。

3日経過

カチカチのプラスチックになり、ペタペタもなくなりました。

今は冬なので、完全硬化まではもう少し掛かると思います。


実験あるのみ!

以上、私なりに実験してきた結果をご報告しました。

Eセットは慣れるまで時間が必要ですが、扱えるようになるとエポキシの特性を生かした、ツヤのある強いコーティングが出来ます。

下のルアーは、全部Eセットでコーティングしました。

内部に気泡が少し残ってますが、ツルツル、カチカチで全然問題ない仕上がりです。

Eセットで苦労している方、頑張ってオリジナルの混合条件を探してみてください。

苦労は無駄にならないと思います!