ハンドメイド

ハンドメイドクランク1号機『フラットサイド ブラックハーフ』

こんにちは!

夜な夜な、木を削ったり、磨いたりしながらクランクを作っておりますが、やっと1号機が完成しました。

既に、ハンドメイドクランクは1個作っているのですが、、、

【ハンドメイドクランク】角材を削ってクランクベイトを自作してみた。こんにちは! 久しぶりにブログ更新です。 最近は、世界的にコロナが流行中ということで、引きこもってクランクベイトを制作してお...

こちらは塗装してないし、試しで作ったプロトのプロト、言わば「0号機」みたいなものです。

下手でも、ちゃんと塗装したクランクを作りたくて、今回チャレンジしております。

とりあえず、記録として記事にしておくので、温かい目でみてやってください。笑

デザイン

0号機の時に作った型紙

デザインのベースは0号機と一緒ですが、サイズを60mmくらいにして、標準的なサイズのクランクを作ろうと思います。

形状は、加工しやすい『フラットサイド』にしようと思います。

フラットサイドで塗装の練習をして、うまく出来るようになったら、ラウンドタイプも作る予定です。

バルサは加工しやすい

0号機は角材を削って作りましたが、削るの大変で苦労しました(^^;

やはりクランクと言えば『バルサ』みたいな気がするので、会社の廃材にあったバルサっぽい木をもらって削ってみると、、、

「柔らかくて削りやすい!」

と、感動しました。笑

が、逆に柔らかすぎて、削りすぎてしまうこともあり、練習しないと駄目ですね。

ひとまず、何個か削って在庫しておきます。

ホイル張り、ヒートン撃ち込み、リップ取り付け

いろいろ試したいので、やりたかったホイル張りに挑戦。

ホイルはアルミテープで作ってます。

サイズ感を間違えましたが、まぁいいか。笑

リップはサーキットボード、ヒートンはステンレス線をネジネジしてます。


塗装

塗装ブースが無いので、外で青空塗装です。

エアブラシも無いので、ダイソーとタミヤの缶スプレーで頑張ります。

固定用の治具は自作してみましたが、これがあるのと、無いのとでは作業性が大違い。作って良かったです。

結果的に塗装の方は、盛大に失敗しましたが、気にしたら負けです(^^;;;

固定用の治具はこんなのもあります。

目入れ

0号機はシールで目を付けましたが、今回は、気合を入れて塗装で目入れをしてみます。

何か、思ってたより可愛い感じになってしまいました。笑

でも、まぁまぁ上手くできたので満足!


完成

トップコートして完成です!

当初、ブラックバック風にしようと思っていたのですが。。。

塗装のマスクを失敗して、ブラックハーフになってしまいました(^^;;

あと、エラ模様の赤が上過ぎました。。。

まぁ、これはこれで、味があるので良しとします。

50個くらいまで、比較できるようにナンバリングしておきます。

地道に作っていきます

以上、ハンドメイドクランク1号機でした。

限られた時間、場所、予算で作っていくので、50個完成するのがいつになるか、全く分かりませんが、地道に作っていこうと思います。

50個目には、どんなクランクが出来るか。

素人が50個クランクを作ったらどうなるのか、リアルタイムでお届けします(^^;;

それでは!