タックル

【クランク】RTO1.5だと思って買ったらLC1.5とMTO1.5だった【ラッキークラフト】

こんばんは!

最近の夜は涼しくて寝るにはちょうど良い気候ですね。

ブログを書いてると、ついつい熱が入って寝るのが遅くなってしまいますが。笑

今度の日曜は晴れるみたいなので、どんな釣りをしようか今から悩んでおります。

さて、昨日ですが、仕事終わりに家から最寄のタックルベリーに行ってみました。

特に欲しいルアーがあるわけでは無いのですが、見てるだけでも楽しいですよね。

クランク棚を見ていると、キレイな色のLC RTO1.5を2個発見しました。

これは買いだ!とテンション高めで買って、家に帰ってきたのですが。。。

パープル系カラー推し

買ってきたのがこちら!

最近、パープル系カラーがマイブームです。

濁ったときにパープル系が効く!という記事を良く見ます。

実際、私もパープル風に色塗りしたブリッツでバスが釣れたので、信頼感があります。

では、これらのRTOのカラーが何色なのか、気になったので調べてみました。

・・・

・・・

ん!?

ラッキークラフトのRTOのページを見ても、どっちのカラーも載っていません。

ここで初めて気が付きます。

『君たち、RTOじゃないのか!?』

RTO? MTO?

恥ずかしながら、この形のクランクは全部RTOだと思ってました(^^;;

(RTOと呼ばれる前にRCと呼ばれていたことは、雑誌で見て知ってました。)

色々調べてみると、RTOだとルアーの頭上に『Takahiro Omori』、ボディー面に『LC RTO』と印字があることが分かりました。

買ったルアーを見てみると、

頭上に印字無し。

クリアリップは印字無し、白リップは『LC MTO1.5』とあります。

M・T・O!?

調べてみたら、H-1グランプリでお馴染み、鈴木美津男さんがプロデュースしたボーン素材モデルでした。

軽量なボーン素材、フックサイズ#6と小さくすることで、カバー回避特化型クランクになっているようです。詳細は下記リンクへ。

カラーは『セクシー利根シャッド』でした。もう名前だけで釣れそうな予感です。

LC?

では、透明リップの方は何だ?と思って調べたら、『LC』という名前のクランクでした。

日本語のページが見つからなくて、Lucky Craft USAのHPで確認しました。

カラーは『Purple Perch(パープルパーチ)』でした。

LCのカラーはどれもキレイで、日本人受けが良さそうですね。笑


RCからLC、LCからRTO、MTOへ派生

これでやっと頭が整理できました。

  1. リック・クランがラッキークラフトと作ったのが『RC』
  2. リック・クランの契約が切れて『RC』から『LC』に変更
  3. 『LC』の大森貴洋さんシグネチャーモデルが『LC RTO』
  4. 『LC』の鈴木美津男さんシグネチャーモデルが『LC MTO』

こんな感じですね。

リック・クランはその後、ラッキーストライクと契約し、『RC2』というスクエアビルのクランクを作ってます。余計ややこしい感じになってますね。笑

LC1.5とLC RTO1.5の違い

LC1.5とLC RTO1.5の違いは印字だけなのか?

こちらもネットで調べてみたところ、どうやらウェイトの材質と個数が違うらしいです。

Twitterで関係者に聞いてみた方がいたので、引用させていただきます。


LC1.5は鉛2個、RTO1.5はタングステン1個とのこと。

ルアー全体の重さは、スペック上、どちらも12gで同じ。

同じ重さでは、鉛よりタングステンの方が体積が小さくなります。

→タングステンの使ったRTOの方が、ルアーボディ内の空気の量が多い

→RTO1.5の方が浮力がある。LC1.5の方が少し深く潜る。

→ウェイトの配置バランスの違いで、LC1.5は動きに若干ロールが入る。

ということみたいです!

素人的には、動きにどれほど差があるのか分かりませんが、使い分けてるプロの方々はやっぱり凄いです。


リック・クランがRCを作った経緯

昨年、バスマスターのエリートシリーズ開幕戦で大森プロが優勝しましたね。

雑誌Basserでも30ページ以上に渡り特集されており、思わず買いました。

このとき、優勝記念でRTOのTOクローカラーを買おうとしましたが、どこにも売ってませんでした。笑

雑誌の中で、リック・クランがRCを作った経緯が書いてありました。

ネット上の情報と合わせて要約すると、

  1. バルサ製のクランクは素晴らしいが、入手しにくく、また、個体差がありすぎて困る
  2. 品質が安定したクランクが欲しい
  3. 当時のスポンサーであるバスプロショップスを説得し、日本のラッキークラフトとRCを作った。販売はバスプロショップスのみとする。

こんな感じだったようです。

その後、

  • 完成したRCクランクは爆発的なヒット商品になり、他メーカーも負けじとスクエアビルを発売し、価格競争に発展。
  • 次第にRCは売れなくなっていった。リック・クラン自身もラッキーストライクと廉価版RCを発売。
  • クランが抜けたことで、元祖RCはバスプロショップスとの縛りがなくなり、どこでも販売可能になった。
  • T.Oが引き継ぎ、RTOを発売。

(出展:Basser 2018年5月号)

こうやって書いてみると、色々と歴史を感じますね!

RCが売れたら、すかさず他メーカーもスクエアビルを出すあたり、今の時代も変わりませんね。笑

RTOじゃなかったけど買って良かった!

中古屋でたまたま見つけたルアーを買ったら、こんなことになった!という記事でした。

色々調べてみて、とても勉強になりました。

新品だったらパッケージで確認できるので、こんなことにはならなかったと思います。

『中古車は一期一会』みたいに言いますけど、ルアーも一緒だなと思いました。

何かの縁で買ったルアーなので、これからバシバシ使って、バスを釣りたいと思います。

それではまた!