タックル

【カエル】スピニングでクローンフロッグを使ってみた【インプレ】

梅雨真っ只中、トップが熱い季節ですね!

カエルも元気に鳴いているので、フロッグを投げたい欲が上がります。

がしかし!

私はフロッグが苦手です(^^;

ドッグウォークが上手く出来ないのと、フッキングが決まらず、フロッグフィッシュは未だ無し。。。

カエルでバスを釣りたい!と思っていたら、使い易そうなカエルを発見したのでインプレしてみます(^^)

まるでカエル!スピニングで使えるフロッグ

2017年にジャッカルから発売されたカエルワーム、その名も『クローンフロッグ』

赤パッケージでお馴染み、3個入り500円で気軽に購入できます。

オフセットフックのノーシンカーで使うので、根掛かりし難く、スピニングでもフッキングしやすいです。

アクションは足で平泳ぎします!

詳細は川島さんの解説動画をどうぞ!

クイズ:クローンフロッグはどこにいるでしょうか?

突然ですが、ここでクイズです。笑

下の写真にクローンフロッグがいるのですが、どこにいるでしょうか?

答えは↓

 

 

 

ここでした!

拡大すると

見事な擬態です。ちなみにカラーは『グリチャガエル』です。

オフセットフックのサイズ

フックサイズですが、ジャッカルHPでは『#1、#1/0』となってます。

スピニングで使う場合は、#1の細軸がオススメです。

メーカーによってフックのサイズが若干違うので、微妙なところですが、#1/0だと前のめりに沈んでしまうことがありました。

私は2種類のフックを使ってます。

すり抜け重視なら、『DECOY/デコイ SSフック ワーム19 #1』

 

フッキング重視なら、『Hayabusa/ハヤブサ TNSオフセット #1』

ただ、TNSオフセットだと若干前のめりに沈みます(^^;


フックの付け方

フックをセットする時、スリットの後方にセットするとバランスが良いです。

足にも浮力があるので、前方にセットすると、やはり前のめり気味になります。

水に浮かべて姿勢を確認

透明ケースに水を入れて、浮かべてみました。

水道水なので、川の水とは比重が若干違うかもしれませんが、参考までに。

・DECOY/デコイ SSフック ワーム19 #1

・Hayabusa/ハヤブサ TNSオフセット #1

前のめりですね。汗

ナイロンラインを結んでいれば、浮力があるので少し補正されます。


ライン

私はナイロンの8lbを使ってます。

具体的には、『ダイワ ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 2号 クリアー』です。

平行巻き500mで774円という安さです。(6月18日時点)

ラインチェックで頻繁にカットするので、結構消耗するのですが、これなら気兼ねなく巻き替えできます。

8lbを使う理由としては、

  1. カバーに入れつつ、フッキングをしっかり決めたい
  2. 多少強引でも、カバーからオープンに引っ張れる強さがある
  3. 根掛かり時の回収率アップ

などがあります。

遠投が出来ない、ラインの重みがある、などデメリットもありますが、近場のカバーを攻めるなら8lbくらいがオススメです。

これからがハイシーズン!

今日は残念ながら水面爆発はありませんでした!

まぁ、動きと擬態具合が確認できて、今後の予習ができたと思います。

フロッグ系はこれからがハイシーズンなので、クローンフロッグも積極的に使って行こうと思います。

バスが釣れたら、また記事にしたいと思います。

それでは!

6/18 追記 翌日行ったら釣れました!

クローンフロッグを浮き草の上で動かしたら釣れた!こんばんは! 今日は私用があって有給休暇を取りました。 朝だけ時間があったので、1時間半ほどおかっぱり。 タックルはス...