クランクベイト雑記

【ルアー分解】ディープベビーNを半分に割ってみた!

今回はルアーを分解してみようと思います。

実験台になってもらうのはこちら↓

ノーマンのディープベビーNです。

ノーマンの古いルアーは、こんな感じに内部が白く曇るんですよね。

内部がどんな状態になっているのか、気になるので半分に割ってみようと思います。

信頼のJAPAN OLFA

ノコギリで切れ込みを入れていくのですが、今回使ったノコギリはこちら↓

オルファ(OLFA) ホビーのこ』です。

JAPANの刻印が輝いてますね。

こいつでルアーの接合面に切れ込みを入れていきます。

あ、その前にエイト環は温めて抜いておきましょう。

 


シュールな絵になります

リップから切っていきましたが、絵的にインパクトが欲しかったので、この構図で写真を撮りました。笑

切ってて感じたのは、結構、樹脂が肉厚で切りにくいという事。

ケガしないように、慎重に進めていきます。

真っ二つに

何とか真っ二つに出来ました。

反射板がありますが、ホコリを被った感じで反射が弱いです。

反対側。

削りカス以外に、白い粉が沢山ありました。

おそらくウェイトが劣化して生成された物だと思います。


洗ってみました

観察するために洗ってみました。

白い粉は綺麗に落ちたので、ボディは特に問題無さそうです。

ボディの肉厚は2.2mmほどありました。

エイト環が入る部分は、さらに肉厚なので、ボディだけでも結構な重さになります。

ウェイト兼ラトルのボール

ウェイト兼ラトルボールは洗いましたが、白い生成物は落ちきれませんでした。

大きさは直径3mmくらい。

重さを量ったら0.1gくらいで正確には量れませんでした。

劣化でヒビが入っているし、粉になった分、減量していると思われるので、元の重さは分かりませんね。

反射板

反射板は洗ったらキレイになりました。

板状かと思ったら、ただのペラペラなホログラムシートでした。

 

ウェイトの元素分析がしたい

折角半分にしたので、サンプルとして保管しておこうと思います。

ウェイトの材質が気になるので、もし元素分析できる方いらっしゃいましたら、お願いしたいです。笑

鉛だと思うのですが、やはり科学的に証明したいですな。