ハンドメイド

ホームセンターでバルサ材を買ったら比重がバラバラだった件

ハンドメイドルアーを作るのに欠かせないのが、ボディ素材となるバルサ材です。

そろそろ手持ちが少なくなってきたので、補充しようとホームセンターに行ってきました。

バルサシート(バルサの板材)を置いているホームセンターって、あんまり無くてあちこち回る予定でしたが、運良く最初のお店で在庫がありました。

さっそく買おうとバルサを持ったところ違和感が。

何だか『重い』感じがします。

とりあえず、ストック用に2つ買って帰りました。

手持ちのバルサと、どれくらい比重が違うのか、気になるので調べてみました。

バルサの比重

バルサという木材は世界で一番軽くて、軟らかい材料です。

原産は中南米、輸入材ですね。

加工しやすく、釣具以外では模型飛行機などでも使われています。

比重は『0.1~0.2』

ちなみに国産の最軽量木材は、タンスなどで使われる「」で、比重は『0.2~0.3』

桐で作られたハンドメイドクランクもあります!

KTWさんのKR3が桐製ですね。

 

比重計算

買ってきたバルサシートの体積と重さを測って、比重を計算してみます。

1個目

体積は、60.7cm×8.1cm×1cm=491.67cm3

重さは、

149.8gでした。

比重は、149.8/491.67で「0.3」になります。

0.3!?

重いですね。。。。

2個目

体積は同じで、491.67cm3

重さは、

101.1gでした。

比重は、101.1/491.67で「0.2」になります。

0.2なら許容範囲ですかね。

家にあるやつ

ちなみに家にある使いかけバルサの比重を計算してみると、

体積は、37.5cm×8cm×1cm=300cm3

重さは、

29.4gでした。

比重は、29.4/300≒0.1

0.1!!!

これぞバルサですよ、奥さん!

ホームセンターでバルサを買うときはご注意を

ということで、ホームセンターでバルサを買ったら比重がバラバラだった!というお話でした。

バルサをルアーの材料として使う場合、比重はアクションに大きな影響を及ぼすので、今度買うときは、ホームセンターに電子ばかりを持って行こうと思いました(^^;

せっかく作ったルアーが、思ったアクションにならなかったら悲しいですからね。。。

何かの参考になれば幸いです。

それでは!