釣り雑記

ダイソーのクリアケースは魚探の収納と架台にも使える!

お盆休みになりました!

暑い中、釣りに出かけている人もたくさんいますね。

水辺の事故も増えているので、気をつけないとです。

さて、先日ワームの整理で使ったダイソーのケース、『Box with lid Videos (フタ付きBOX ビデオ)』ですが、魚探を入れておくのに丁度良かったので、紹介したいと思います。

ケースのサイズ

サイズは外寸で大体、『325mm×235mm×113mm』です。

上面、底面に凹凸があって、積み重ねできます。

7インチ魚探にピッタリサイズ

私がボート用で使っている魚探が、ガーミンのストライカー7svなのですが、このケースに良い感じに収まります。

高さに余裕があったので、底に緩衝材を入れて高さ調整してます。

フタをすると、こんな感じ。



魚探の架台にもなる。

ボートで魚探を設置する際、フットコンの人はバウデッキに設置することが殆どだと思います。

私は少し目が悪いので、魚探は足元に置きたい派です。

そこで、このケース自体を魚探の架台にしようと、ちょっと工作してみました。

こんな丸い部品をアルミで削り出し。

ここに魚探をセットすると、

こんな感じで、ケース兼架台になりました。

ネジはノブスターを使って、手で取り付け、取り外しできるようにしてます。

内側はこうなってます。

この、丸い固定用の部品は、付属品でしっかりしたのがありますが、付属品はでかくてゴツいので、ケース用にシンプルなやつを自作しました。


ダイソーのケースは色々使える

以上、魚探ケースの紹介でした。

ある程度の大きさがあって、重ねられて、透明で、デザインもシンプルという、使い勝手の良いダイソーのケースは色々使えて便利です。

また近々、ルアーの材料を買いにダイソーに行ってこようと思います。笑