ルアーカスタム

Noman / ノーマン DD22のペイントを剥離。スチールウェイトが錆びて茶色に。

今回は、ノーマンのDD22です。

某黄色いお店で110円で投げ売りされていたので、救出してきました。笑

DDは『Deep Diver』の意味で、22は『22フィート』、潜行深度が約6.7mということです。

サイズはリップを除いたボディだけで、75mm。

リップ込みでは120mmほどあります。

結構デカイので、琵琶湖とかで活躍した時代もあるようです。

房総のリザーバーでも使えそうですね。

ということで、値段相応のボロボロ具合なので、リペイント用に剥離してみます。

茶色い

剥離した結果がこちら。

ウェイトが茶色く錆びてますね。。。

前後とも茶色い錆びですので、ウェイトはスチールボールのようですね。

 

ボディ内部を透かしてみると、錆びの粉が少々溜まってます。

 

ベリー側、フックサークルも無く、ベース個体としては良い感じです。

 

バック側は、ちょっとシワっぽい模様が(^^;


ディープリトルNと比較

弟分のディープリトルNと比較してみると、こんな感じです。

ディープリトルNのボディ内部が白くなるのは、あるあるですね(^^;

DD22にスティールウェイト(たぶん)が採用された経緯は知る由もないですが、バランスだったり、コストだったり、想像するのは楽しいです。

何色にリペイントするか、迷いますが、ディープを意識したカラーにしていこうと思います(^^)

関連記事はこちら