ルアーカスタム

オールドウィグルワートをリペイント。派手なカラーでリアクションバイトを狙う!

寒波到来で寒い日が続きますね!

さて、今回はオールドのウィグルワートをリペイントしてみました。

ベースになるのはこちら。

塗装が落ちてツルツルになったやつと、

良い感じに塗装が落ちた年期のある個体。

このままの状態で魚を釣った方が、絵になると思いますが、イマイチ投げる気が出ないので、リペイントすることにしました。笑

ここまで下地が出ていると、塗装を落とすのもラクでいいです。

ベースはどちらもホワイトにしました。

やっぱりスイカです

まず1個目は、私の中では定番カラーになっているスイカ🍉にしました。

大体、思い通りのカラーに塗れたと思います。

種は欠かせないアクセントです。

ベリー側は細かいラメを乗せてあります。

縞模様が良い感じに表現できました。

カラーリングの狙いとしては、春先のザリガニパターンから、梅雨、夏の濁りパターンを意識してます。

オールド特有の暴れるアクションで、リアクションバイトを狙っていきたいですね。


ピンク毒カエル

2個目は、ピンクの派手めなカエルを意識して塗ってみました。

丁度、今くらいの時期は房総のアカガエルパターンが狙えるタイミングです。

今年は寒波が凄くて、暖かい雨は期待できなそうですが(^^;;

表面は全体的にピンクですが、ベリー側はパールホワイトにしてます。

ピンクとホワイトの色の変化で、リアクションバイトを狙いたいところです。

目とテールの黒い模様はアカガエルをイメージして入れました。

ピンクのボディーに黒は視覚的にも目立つので、水中でもアピールしてもらいたいです。

冬にウィグルワートで釣りたい

アメリカではコールドフロントと呼ばれる寒波のタイミングで、ウィグルワートを投入したりするようです。

ウィグルワートはゆっくり巻けるクランクなので、活性が低い冬に使うのは確かに有効だと思いました。

アカガエルパターンじゃなくてもいいので、今の厳しい時期に一発良いサイズを釣りたいですね。

冬のウィグルワートの釣りについては、Basser誌でクランク特集が組まれたとき、6ページくらいの記事になってました。

かなり参考になるので、興味ある方はバックナンバーで読んでみてください。

オールドウィグルワートの他、サスペンディグのウィグルワートもリペイントしたので、また記事にしようと思います。

関連記事はこちら