ルアーカスタム

サスペンディングウィグルワートをリペイント。リザーバー向けに地味系カラーで。

今回はサスペンディングウェイグルワートのリペイントです。

以前に、塗装を剥がした個体を使用します。

右のファイヤータイガーも塗装を落としたので、今回も2個のリペイントです。

ギラギラ系のガンメタ

まず1個目は、ギラギラなガンメタ風に塗ってみました。

目はストームに寄せてみましたが、やはりこの目は良いですね~

缶スプレーの粒子が荒いのが功を奏して、良い感じのギラツキ具合になってます。

ガンメタのクランクってあんまり見ないですし、ましてやボディ全体が単一のガンメタはオリジナルならではです。

ガンメタカラーの狙いとしては、房総リザーバーの岩盤で使いたいと思って塗りました。

岩盤って場所にもよりますが、白っぽいというか、土とは違う色なんですよね。

あと、シルバーライクなガンメタはベイトフィッシュのカラーでもあるので、ワカサギやオイカワ食いのバスに対しても有効かもしれません。


地味なグレーゴールド

2個目はこんな感じの地味系ゴールドにしてみました。

ガンメタのギラギラに対して、少しテンションを下げたカラーを意識しました。

どの辺がゴールドかというと、

ショルダーとリップが薄いゴールドなんですが。。。分かりづらいですね。

ベリー側はダークグレーです。

これも岩盤や土などナチュラルな感じをイメージしています。

ヘラブナなどモノトーンな魚にも化けてくれないかと期待。

バックのブラックは色がちょっと薄かったですが、それも味ですかね。謎

サスペンディングならではの釣りを

サスペンディングという名前が付いてますが、実際はスローフローティングです。

板おもりなどで調整すればサスペンドさせられますが、回避性能を発揮させるなら少し浮力があった方が良いので、このまま使っていこうと思います。

スローフローティングなので、リトリーブ中に一瞬止めて浮かせる、などの『ストップ&ゴー』みたいな使い方でリアクションを誘えるかもしれません。

ウィグルワートはオリジナル、リペイントと、かなり充実してきたので、春先にかけてしっかり投げ込んで使い倒してみようと思います。

関連記事はこちら