ルアーカスタム

POP-R/ポップR P60をリペイント&カスタム!スイカとノイジーブラックでビッグワンを狙いたい!

今回はキングオブポップ、POP-R/ポップRのリペイントです。

好きなトップウォータールアーは?と聞かれたら、ポップR!と言いたいくらい好きなルアーです。

上のはごく一部で、10個以上はあります。

ポップRのリペイントや、ホイル貼りは国内外問わず、人気のカスタムでもありますね。

手持ちのポップRで一番レアなのはこちら。

『HMKL POP-R』です。

ご縁があって入手したのですが、恐ろしくて使えないのでこのまま家宝になる予定です。爆

ということで、今回はリペイントとカスタムをやってみたので、記事にしてみます。

POP-R P60『WaterMelon』

クランクに引き続き、ポップRでもスイカカラーにしてみました。笑

種はバイトマーカー的な役目もしております。

苦労したのは、スイカの縞模様ですね。

マスキングテープを使って表現しましたが、指が疲れました(^^;

スイカなので、夏に釣れるのが絵的に一番マッチするかと思います。

が、赤繋がりで房総リザーバーのアカガエルパターンでも使えないか?と、密かに期待しております。

検証のためには、春先の雨の日にリザーバーに行かないといけないので、イマイチやる気が(^^;;;


POP-R P60 『Noisy Black』

こちらは『Noisy Black』です。

どの辺がノイジーかというと、ボディを削って、内部のラトルボールを交換しております。

音はこんな感じです↓↓

2枚目に動画があるので、スライドしてくださいm(_ _)m

※音量注意です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nori(@nori_bassfishing_2019)がシェアした投稿

うるせー!と思われた方、すみません💦

実際はこんな速度で動かさないので、もっと間がありますが、ノーマルと音質が違うのは伝わったかと思います。

このラトル音とポップ音でバスにスイッチを入れて、食わせよう!という作戦でございます。

ボディを黒にしたのは、バスに一早く気付いてもらうため。

トップでブラックは定番カラーですね。

リアフックは敢えてフェザーを付けてません。

これが吉と出るか、現場で検証していきます。

カップ下あごのチューニング

ブラックのみ、カップ形状は定番の下あご削りチューンを施しました。

これもスイカとの使い分けを狙っています。


春以降が楽しみ

ということで、POP-Rのリペイントでした。

ハイシーズンが待ち遠しいですね。

ホイル貼りカスタムもやってみたいので、練習してみようと思います。

ポップRの使い方については、ヒロ内藤さんのYouTubeが勉強になるので、参考にしてみてください(^^)

 

ポップRは首振りしなくても釣れるので、初心者の方にもオススメなポッパーです!