新利根川

初フィールド!6月の新利根川でクランクを巻く!

こんばんは!

関東もようやく梅雨入りしまして、今日もシトシト雨が降っております。

梅雨らしくしっかり降って、水不足にならないことを願いたいです。

さて、先週末になりますが、金曜日に有休を取って釣りに行ってきました。

場所はお初になります『新利根川』。

Youtubeなど各種メディアで良く見かける場所ですね。

今月、来月と新利根で開催される大会に出ようと思ってまして。

その下見のため、ゆっくり見れるよう平日に行ってきたわけです。

下見と言いつつ、せっかくなのでクランクをバシバシ投げてきましたが、釣果は厳しい感じになりました。笑

松屋ボートさん

若干寝坊したので、6時過ぎくらいに現地に到着。

初新利根ということで、松屋ボートさんでボートをレンタルしました。

車を降りて、このウッドデッキを見たときは何故かテンションが上がりました。笑

店内のカウンターでレンタルの申し込み。

ローボートで2500円でした!

前向き着岸のボート準備に苦戦

松屋さんのボートは写真のように、前向きに着岸されてます。

なので、気を付けて準備しないと、釣りをする前から落水!の恐れも(^^;

準備のコツなど、別記事でまとめてみようと思います。

少し時間がかかりましたが、何とか準備完了。

朝から快晴だったので、準備で汗だくです(^^;;

フィールドコンディション

時間 7:00~14:00
天気 🌞
気温 最低21℃ 最高29度
風向き 南東1~4m
水温 26℃
水質 ステイン

朝は風もなく穏やかな水面でした。

家を出るときは肌寒かったですが、太陽が出てからは暑かったですね。

大会本番は日焼け対策と水分補給をしっかりやろうと思います。

水温は雨が降ってないこともあって、高めですね。

水はステインな感じですが、どんよりしてて良くはないです(^^;


クランクを巻きまくり

大会本番を想定して、クランクを巻きまくります!

まずは岸際にある目に見えるカバー回るを投げていこうと思います。

水深はボート屋さん前、川の中心あたりで3mちょっとくらいでした。

反応が無いので風景でも

シャローカバーやブレイク付近を狙ってクランクを投げまくりますが、反応がありません。

まぁ、今日は下見なので釣果よりもポイント探し優先です。

いくつか写真を撮ったので、ご参考にどうぞ!

冠水ブッシュ、アシなど植物系カバーが豊富
杭が並んだエリア。水深はかなり浅め。
沈船あるある。
自由に流されている浮草。

風が出てきたタイミングで!

コーラ最高!

バイトが無いまま時間は10時過ぎ。

ボート屋さんから上流方面にきて、3本目の橋で休憩中です。

今日は早めに上がりたいので、この辺りでUターン。

向かい風が強くなってきたので、エレキを少し強めにして下ります。

シャローがダメだったので、帰りはミドルレンジを狙いました。

すると、10分くらいで待望のバイト!

新利根初フィッシュ!!

クランクはジャンピングトマトさんのカリンで釣れました。

釣れたのポイントはこんな感じ。

シェードになっている所になげて、2mくらい巻いたところだったかと。

サイズはともかく、初場所での初フィッシュは嬉しいです!(^^)

このままミドルレンジ狙いで下流へ。

巨大魚との闘い

サクサク流していると、何かに当たった手ごたえが。

と、次の瞬間!

ビューーーーーーーーーーン!と凄い速さでラインが走りました。

バスの引きではないw

鯉か!?

全然引っ張れない、むしろボートを引っ張られる。汗

15分ほど格闘していると、何とか上がってきた魚がこちら。

70オーバーのレンギョでした(^^;;

初めてレンギョ掛かったので、かなり焦りました。。。

無事にクランクを返してもらい、一安心です。

利根川水系は巨大魚がかなりいるみたいなので、今後も要注意ですね。。。

貴重なハンドメイドクランクをロストしたら泣きそうです。

1本のみで終了

その後はバイトも無く、1本のみで終了でした。

投げたクランク達がこちら。

シャローメインでしたが、ミドルレンジのクランクをもう少し増やしたいところです。

新利根の印象としては、岸際は同じようなカバーが続きますが、地形変化が結構あって、攻め甲斐がありますね。

3mまでのクランクを有効的に使って、魚を見つけることができれば、大会でもウェイインできるかな、という感じです。

次回は大会本番になるので、しっかりプランを立てて臨みたいです(^^)

Youtubeでイメトレして頑張ります。笑

それでは!