釣り雑記

アクションカメラでルアーを水中撮影してみよう!【準備編】

こんにちは!

最近、youtubeでルアーの水中撮影動画をよく見てます。

ルアーのアクションやカラーの視覚変化など、見ていて楽しいし、勉強になります。

メーカーがプロモーションで撮影している動画は、キレイに撮れてて流石ですね。

Basser誌の出版社である「つり人社」のyoutubeチャンネル『つり人チャンネル』では、Basser誌で特集していたスピナベの水中映像を見ることができます。

同じく、つり人社のyoutubeチャンネル『TSURIBITO.TV(株式会社つり人社)』ではクランクの水中映像が見れます。

同じ会社なのに、何故、チャンネルを分けてるのかは謎です。笑

管理担当の部署が違うのかな?

こんな感じで、色々と見れるようになってますが、自分が見たいルアーの映像とかは無かったりします。

無いなら自分で撮るしかねぇ!!!

ということで、手持ちの激安アクションカメラで撮れるかテストしてみました。

カメラを水中で固定するための土台を作る

私がおもちゃ用に持っているアクションカメラは、ちょうど3年前にAmazonのセールで買った4000円くらいのやつです。

こいつを何か沈められる土台に固定できれば、水中撮影できそうです。

土台との固定は、付属部品にあったこちらのネジを利用します。

カメラの三脚とかについてるネジと一緒で、1/4インチねじです。

土台は、会社に落ちてたアルミの廃材を利用します。

重さを測ってみたら、186gでした。

カメラケースが密閉されるため浮力がかかりますが、たぶん大丈夫でしょう!(適当)

真ん中に1/4インチのねじを切って完成です。

美的センスが全く感じられませんが、機能性重視なのでOK!!

動作確認

さっそく風呂に沈めてみました。

特に問題なさそうです。

ルアーを泳がせて動画を撮影してみます。

割りばしにラインを結んで、BIG-Oをセット。

録画スイッチオン!

 

なんか暗いですね。。。

普通に電気は点いてるのですが。

風呂の中だとこんなもんでしょうか?

あと、置いた場所が傾斜だったので、カメラが安定せずユラユラしてます。

実際のフィールドで撮影するときは、なるべく平らな場所に設置した方が良さそうです。

撮影の品質自体は問題無さそうなので、次回は実際にフィールドで撮影してみようと思います。