工作

曲がったネジを修正するには?治具とテコを使えば何とかなる。

細いネジはともかく、5mm以上のネジはよっぽどの荷重か掛からないと曲がりませんが、過度の負荷が掛かれば曲がってしまいます。

今回は直径8mmほどのネジが曲がってしまっているので、修正してみます。

モーターガイドのフットコンユーザーにはお馴染みのハンドルですね。

写真だと分かりにくいですが、若干曲がってます。

上の写真だと右に若干曲がってます。

ただのボルトなら万力で挟む事もできますが、今回のようにハンドルが付いていると、固定するにも工夫が必要です。

固定用治具を作成

ということで、ハンドルの首下を挟めるように下のような治具を作ってみました。

丸い溝部分でネジ山が無い部分にあてて、万力で固定します。

ネジ側の治具

ネジ側に荷重を掛けるため、ネジ山を保護する治具を旋盤で作りました。

ネジと同じサイズのタップを立てて、固定できるようにします。

この写真だと曲がっているのが分かります。

万力で挟んでテコで修正

万力にセット。

ネジ側に鉄パイプを入れて、手応えを感じながら修正していきます。

万力を少し緩めて、ハンドルを回して曲がりが直っているが確認。

どの方向から見ても大体真っすぐになっていればOKですね。

何とか修正できた

完璧に真っすぐにはなりませんが、実用には問題ないくらいには修正できました。

万力で固定する位置、曲げ修正時に力を掛ける向きがポイントかと思います。

脆い材質だと折れてしまうかもしれませんが、参考になれば幸いです(^^)