工作

【DIY】シロッコファンを使って塗装ブースを自作!

こんにちは!

今日も曇りがちな天気ですが、いかがお過ごしでしょうか?

今年の梅雨は長いですね~、洗濯物が溜まって大変です。

個人的には、ハンドメイドルアーの塗装が進まなくて困ってます。笑

この数か月、外で塗装してきましたが、雨ではどうしようもないです。

もうこうなったら『塗装ブースを作るしかない!』ということで、ネットを参考に作ってみました。

シロッコファンはどれにする?

ネットで諸先輩方の自作ブースを拝見していると、多くの方がシロッコファンを使ってました。

私も同じようにシロッコファンで作ろうと思いますが、シロッコファンの中にも種類が沢山あって、どれがいいやら。。。

ルアー塗装では有機溶剤を使うので、プラスチックよりは金属製の方が安全かな?と思い、台所用のシロッコファンを使うことにしました。

三菱 ダクト用換気扇 天井埋込形 VD-15ZY6

節約の為、ヤフオクで探したところ、5000円くらいでゲットしました。

三菱の『VD-15ZY6』というモデルです。

未使用ですが、2003年モデルだそうで。。。ちゃんと動くか、ちょっと不安です。笑

風量は50Hzで『216m2/h』あるので、ルアー塗装として十分です。

寸法図面はこちらで見れます→『納入仕様書 VD-15ZY6

今思えば、最新モデルの『VD-15ZY12』が1万円以下で買えるので、最新モデルでも良かったかな(^^;;

ブース本体を作る

ブース本体ですが、家にコンパネの余りがあったので、これで作ります!

三菱のファンは、メーカーHPにPDF図面が公開されているので、それを参考に形状を設計ました。

図面に合わせて、材料を切り出し。

ファン固定する角穴をあける

図面を見ると、VD-15ZY6は『260mm×260mm』の角穴に埋め込むようです。

角穴は、糸鋸やトリマーがあると簡単ですが、うちにはないのでアナログで頑張ります。笑

まず、角穴の下書きして、線の内側の四角に8mmくらいの丸穴をあけます。

あけた穴に、このノコギリを入れてカットします。

角をヤスリで仕上げれば、角穴の完成。

このノコギリはオススメです。

コンパネ、石膏ボードならこちらも。

部材がカット出来たらビスで組み立て。

ビスをねじ込む前に、下穴をあけないと割れるので注意です。

3mmビスなら2mmの下穴という感じです。

組み立て後の写真を撮り忘れました(^^;

シロッコファンの設置方法

シロッコファンはこの状態で梱包されています。

このままでは、先ほど空けた四角穴に入らないので、排気口部分を分解します。

下写真の赤丸部分の爪を上げながら、排気口部分をスライドさせると外れます。

最初は結構固いので、手を痛めないように気を付けてください。

こんな感じで、分解できます。

分解したら、先に排気口を角穴に入れて保持しつつ、ファン本体も角穴に入れて、排気口と合体させます。

その後、各部をビスで固定すれば、もう完成したようなものです。

全体写真を撮り忘れました(^^;


フィルター

ファンの吸気口の前にフィルターを設置したいので、ダイソーの金網で壁を作ります。

吸気口全面が300mm×300mmくらいなので、この金網がジャストサイズでした。

金網を300角にカット。

金網の固定用に、ネオジム磁石をファンの四角に設置。

良い感じです。

フィルターはダイソーのレンジフード用をカットして使います。

マスキングテープで固定してみました。

それっぽくなりました!

段ボールで整流用のフラップも付けてみました。

マスキングテープだと剥がれそうですが、剥がれたら考えます(^^;

これに吹き返し防止のハニカムフィルターを設置します。

定番品はこれですね。

これの1個のサイズは『(幅X奥行X高さ) :48.5cm×11.8cm×2.7cm』となってますが、結構アバウトです。

あと、段ボール紙の粉っぽさがあるので、1回掃除機で掃除しました。

長さを合わせて、本体にセット!

ほぼ完成です!(^^)

配線部材

配線部材はこちらを使いました。

ケーブルはVCTFケーブルの2.0mm2×2芯を2m用意しました。

ホームセンターで1mあたり150円くらいで売ってます。

コンセントプラグはダイソー。

ファンと結線するのに必要な棒型端子は250円くらいでした。


結線方法

シロッコファンに配線を結線します。

吸気口正面にねじ止めされてるカバーがあるので、外します。

カバーを外すと、端子台があるので、棒型端子を圧着して差し込みます。

圧着ペンチはこれを使ってます。

入りにくい場合は、端子台にある赤い四角ボタンを、マイナスドライバーで押しながら差し込むと入ります。

スイッチは、コンセントタップを利用しました。

これなら本体にスイッチを設置しなくてもON、OFFが出来ます。

動作確認しましたが、問題ありませんでした(^^)

排気ダクト

最後の難関、排気ダクトです。

排気ダクトは土台を作って、窓枠にはめて固定しようと思います。

現在、賃貸に住んでいるので、土台の取り外しができるよう考えて、1×4材で作りました。

1×4材にΦ100のアルミダクトが入るような穴をあけて、木ダボで繋ぎ接着。

防腐対策として、適当に塗装。グレーは隙間テープです。

雰囲気がある色で良い感じになりました。

完成!

やっと完成です。

ブース本体も塗装しました。

排気ダクトも窓枠にスッキリはまりました。

使わない時は邪魔になるので、バラバラにして保管してます。

とりあえず、こんな感じで使っていこうと思います(^^)