工作

【便利】ボルトやナットを手で回せるようにするアイテム

こんにちは。

今日は気温が26℃くらいまで上がって暑いですね。

釣り日和なのですが、妻が仕事なので1日子守してます。先ほど昼ごはんを食べて昼寝タイムになったので、記事を更新しようと思います。

今回は、ボルトやナットを手で回せるようにするアイテム、『ノブスター』の紹介です。

前回紹介した自作マウントでも多数使っている便利アイテムです。

【工作】モーターガイドのフットコン用マウントを自作してみたこんにちは! 今日は、レンタルボートでエレキを固定するのに使用している、自作マウントについてご紹介します。 マウントを自作し...

用途

ボルトやナットを手で回して、締めたり緩めるには、手でつかめるようにする必要があります。

市販品では、蝶ボルト、蝶ナット、ノブボルト、ノブナットなど多数ありますが、必要なサイズが売ってなかったり、長さが足りなかったりします。

そこで、任意のサイズのボルト、ナットにノブを付けてつかめるようにするアイテムが、ノブスターです。

使い方

ノブスターが使えるねじのサイズは、M6、M8、M10、M12の4種類のみで、それぞれ専用設計になっています。

M6のねじに使いたい場合、M6用のノブスターを購入する必要があります。

使い方はとても簡単です。使いたいサイズのボルトとノブスターを用意します。

ボルトをノブスターにセットして

キャップをカチッとはめて完成です。

分解方法

キャップを外せば分解できます。

マイナスドライバーをキャップのツメがはまっている隙間に入れて、テコの原理で外します。

マイナスドライバーで怪我をしないように注意してくださいね。


貫通ナットにもなります

キャップにドリルで穴をあけてナットにすると、貫通ナットになります。

キャップに穴をあけるときは、最初に小さい穴をあけて、徐々に穴を広げると良いです。

いきなり大きい穴をあけようとすると、ドリルが食い込んで危ないので。

ボルトと貫通ナットを組み合わせて使えば、色んな厚さに対応できます。

組み合わせ次第で、身の回りのネジがとても簡単に回せるようになります!

追記

貫通ナットは別メーカーで既製品が売っているので、形に拘りがなければコチラを買った方が手軽です!

 

黒色もあります!

キャップが黒色タイプもあるので、気になった方は見てみてください(^^)