印旛沼水系

藪漕ぎ+カバー撃ちしたけど子バスのみ

こんばんは!

今日はちょっと肌寒い1日でした。

昨日の段階では今日はフローターで釣りをしようと思っていたのですが、朝起きたら思いの他寒くて、風邪ひきそうだったので止めました。

二度寝して朝はゆっくり子供と遊びながら過ごし、午前中はいつも通り1週間の買出し。

午後は床屋で散髪。

そんな感じで15時半くらいからおかっぱりをしてきました。

風、雨が冷たい感じで、魚の活性も下がったかな~と心配していたのですが、思ったよりも反応があったので、楽しめました。

フィールドコンディション

時間 15:30~18:30
天気 曇り時々雨
気温 釣り中 19~18℃
風向き 東北東3m
水温 未計測
水質 濁りあり

水は雨の影響で濁りあり。でも流れがあるので水の状態は悪くなさそう。

いつも通りカバー周りを撃って行きます。

ただし、東岸は雑草が伸び伸びなので、藪漕ぎスタイルです。

人が頻繁に出入りするポイントは道になっているので歩き易いですが、人が入っていないポイントは気合で進みます。笑

子バスが高活性

汐留橋からカバーを撃って行きますが、全く反応がありません。

水深が浅すぎるのと、橋の近くは人が頻繁に入るのでプレッシャーがあるのかもしれません。

しばらく撃って流していくと、少し水深があるカバーでコココッ!という分かり易いアタリが。

子バスでした。

ルアーはハリーシュリンプ4インチの7gテキサスです。

ハリーシュリンプは相変わらず釣れますね。

人が入っていないポイントを撃つべし

藪漕ぎでポイント移動していくと人が入っていないポイントが多数ありました。

人が入ったかどうかを見分けるポイントは、

  • 足場が荒れてないこと
  • クモの巣があること

に注目すると良いです。

人が通った道でも、クモの巣があれば、その日は人が通ってない可能性があります。

今後、さらに雑草が伸びて背丈を越える高さになっていきますが、頑張って藪漕ぎすればバスが釣れる可能性も上がります。

ボートやフローターの人に釣られてしまっているのでは?と思うかもしれませんが、ボートで流しながら撃ってると、攻め切れないことが多いです。

丁寧に撃つという点では、陸から釣ったほうが有利になります。


バラシ連発

そんな感じで、丁寧に撃っていくと結構バイトがあります!

が、フッキングが甘く、キャッチ寸前でバラシました。涙

結構サイズ良かったので、残念です。

カバー越しでフッキングしているので、枝に引っかかったり、藻が絡んでいたりで、フッキングの力がうまく伝達してませんでした。

この辺は今後の課題なので、練習あるのみです。

子バス追加で終了

子バスやギルのアタリは多数ありましたが、大きいサイズが釣れませんでした。

30センチくらいのやつはフッキングミスで2バラシでした。このミスは悔しいです。

肌寒い天気でしたが、魚の反応は上々で楽しめました。

周りのおかっぱりの人達も釣れてたので、今日は釣り易かったみたいです。

やはりサイズが小さいと言ってましたが。笑

今後も夏に向けて子バスの反応が増えると思います。

そろそろ良いサイズのバスを釣りたいので、釣り方を変える必要がありそうです。