バス釣り工作

【工作】旋盤でエレキの部品を作る

仕事が片付いて時間があるときは旋盤の練習をしてます。(普段はデスクワークです。)

旋盤工を目指している訳ではないのですが、旋盤が使えるようになると壊れた機械を直したり、改造したりするのに役に立ちます。

というのは建前で、現実は自分の好きなものを作りたい一心で頑張ってます。笑

まぁ、実際に会社で壊れた機械の部品を作って修理した実績もあるので、会社にも貢献してます。

今日は、モーターガイドのエレキの部品を作りたいと思います。

旋盤とは

旋盤というのは、主に材料の丸棒を回転させて、専用の刃物で任意の形に削る機械です。

分かりやすいのは、野球のバットですね。あれは材料の木を回転させて削って、各選手のリクエストに合わせた形に加工しています。

木を削るのは木工旋盤と言われるものですが、会社にあるのは金属も削れる「汎用旋盤」というものです。

こちらが、実際の旋盤です。古くてあちこちガタガタで汚いですが、これでも私が掃除してキレイになった方です。笑

うちの会社には元々旋盤工の職人がいたみたいなのですが、私が入社する前に引退してしまったみたいで、それ以降、あんまり使われていませんでした。

私自身は大学時代に工作実習で少し触ったことがあり、せっかくなのでネットとyoutubeを駆使して勉強し、簡単な品物なら作ることが出来るようになりました。便利な世の中ですよね。

本日の課題

さて、本日の課題です。

どこの部品かというと、

エレキのヘッドカバー内部にある、配線保護?スリーブです。

ちょっと動きが渋いので、スムーズになる寸法で作ります。

加工開始

旋盤に材料のアルミの丸棒を固定し、刃物をセットしたところです。

スイッチオンで材料が回転。刃物は手元のハンドルで操作します。


完成です。

左の部品はついでに削ったものですが、これもモーターガイドのエレキで使います。そのうち記事にしようと思います。

元の部品と比較してみると、

アルミの削り出しで良い感じです。寸法も問題ありません。

交換して終了です。

こんな小さな部品でも、自分で加工したものがエレキに組み込まれると愛着が湧きます。