タックル

Umibozuのトリプルフックのコスパが良い。強度はどうなの?

週末の仕事帰りは、中古釣具店へ寄り道するのが日課になっております。

昨年、クランク沼にハマってから、クランク収集開始。

特にアメリカンのクランクは、年代によって微妙に作りが変わってたりして、集めだしたらキリが無いです。笑

まぁ、ルアーが増えるのは仕方ないですが、問題はフックです。

中古のフックは錆びたり、歪んでたりで、交換することが多いのですが、この交換用フックの費用がバカにならない。

有名メーカーのフックを使おうものなら、トレブルフックが1個100円くらいします。

500円で買ったクランクに、フック代で200円かけるのは、ちょっと辛い。

安くて、そこそこ使えるフックが無いものか。。。

ネット通販を彷徨っていたら、Umibozuというメーカーのトレブルフックを発見!

トレブルフック20本が980円!お得!

がしかし、レビューが高評価ばっかりで、逆に怪しい。笑

とりあえず買ってみよう!ってことでポチっと。

Umibozu(ウミボウズ) トレブルフック 20本セット 日本製 丸型 ソルト 淡水 対応

フックサイズは『4、6、8、10、12』と5種類あります。

今回は、クランクでよく使う4番と6番を買ってみました。

ゆうメールで届いたので、開けてみたところ、簡素な箱が入ってました。

箱を開けると、フックがそのまま入ってます。コスト削減な感じで私は好きです。

4番フックを開封

とりあえず20本全部出して、品質チェック。

フッ素などのコーティングは特に無し。

アイは今風なセンターバランスになってます。

今回買ったのはラウンド形状の丸型タイプ。

針先はかなり鋭くて、爪に簡単に傷が入ります。

バーブ(返し)は小さめです。

丸型の他、袖型もあります。

ペンチで伸ばしてみる

フックの強度が気になったので、ペンチで挟んで伸ばしてみました。

他のメーカーのフックも伸ばして比較してみましたが、大差は感じませんでした。

荷重をかけると、しっかりと弾性の粘りがあり、折れることも無かったので、フックとしての機能は問題ないと思います。

フックの線径は4番で1mmくらいと細めなので、丁寧なランディグが大事です。

6番フックを開封

続いて6番フックも並べてチェック。

こちらもセンターバランスアイになってます。

針先も申し分なし。

 ペンチで伸ばしてみる

こちらもペンチで伸ばしてみました。

こちらも折れること無く、しっかり粘りながら伸びる感じでした。

6番フックの線径は0.9mmくらいです。


必要十分である

率直な感想は、『コスパ良く、必要十分である。』

純正がショボイフックの場合、交換する価値あり。

大手メーカーのフックと比べると、フッ素コーティングの有無や、強度面で劣ります。

釣る魚のサイズや、場所によって使い分ければ良いかと。

刺さりは良いので、あとは伸ばされないように、技術でカバーで!笑

追記 抜き上げ問題無し!

2020年2月 今年の初バスを、ウミボウズの4番フックを付けたクランクで釣りました!

シャローのカバークランキングで、カバー際からすっ飛んで来ましたが、しっかり刺さりました。

37cmくらいでした。

抜き上げましたが、強度も問題無さそう!

高級フックに比べると流石に差がありますが、コスパ的には良い感じです。