バス釣り工作

【羽根モノ】板厚0.5mmのアルミでウィングを自作してみる

最近、羽根モノルアーを自作してみようと思って、木を削ったりして遊んでおります。

大体削り終わったところ

これに付ける羽根はどれにしようかな~と色々調べていたのですが、どうせなら羽根も自作してみようと思いました。

材料は他の工作用で買った0.5mmのアルミ板があったので、とりあえずそれを使って作ってみました。

アルミ板の切り出し

板厚が0.5mm程度なら、カッターで深めの傷を付けて、定規を当てて折り曲げれば、パキパキっと切り取れます。

図面を書く

CADで適当に図面を書いてみました。

手書きでも良いので、加工用の見本があると量産がラクです。

これを印刷して、アルミに書き写して金物用のハサミで切ろうと思いました。

が、

0.5mmを機械加工したらキレイに出来るのか、試してみたくなり、職場の工作機械で加工してみました。

加工

加工中は手が汚れていて写真が撮れませんでした(^^;;

やってみた結果、結構キレイに加工できました。

0.5mmはやはり薄い

一つ、仕事のスキルがアップしました。笑


曲げ加工

羽根の水噛みをよくするため、曲げ加工をします。

角材に当てて曲げるか、適当な曲げ型を作るか悩みましたが、ホームセンターで売ってるアングルで十分でした。

やり方は単純で、切り出した材料をアングルの上に置いて、手でアングルに押し当てるだけ。

ちょっと指が痛いですが、0.5mmなら指で押せば曲がりました。

1mmくらいの材料でも、アングル2個と万力を使えば、曲げられると思います。

寸法は長手方向で60mmで設計しました。

完成

こんな感じで、とりあえず羽根として使えそうな部品が完成しました。

0.5mmだと強度的に不安がありますが、1匹釣るまで持ちこたえてくれれば御の字です。

強度はないけど、『軽さ』という意味では、アクションにどんな影響が出るのか。

楽しみなので、早く使ってみたいです。

ではでは、引き続き、ボディの制作を続けようと思います。

追記 強度不足でした!

自作の羽根を付けて実際に釣りをしたところ、0.5mmのアルミでは強度不足であることが分かりました(^^;;

やはり、アルミの羽根だと1mmくらい厚さがないと駄目みたいです。

市販品の羽根は1mmくらいありますからね。

良い経験になりました!