バス釣り工作

【モーターガイド】ペダルのシャフトが抜けないので工具を自作してみた

こんばんは!お久しぶりです!

前回のフローター釣行以降、家族全員で夏風邪をひいてしまい、治っても家族サービス等で忙しく釣りに行けませんでした。

そして今回の台風です。

私は千葉市在住ですが、運良く停電はしませんでした。

しかしながら、今現在も多くの地域で停電、断水の状況が続いてる状況です。

自分にできることは。。。

復旧後に房総ダムで釣りをしてお金を使うことくらいです。状況が落ち着いたら遊びに行こうと思います。

さて、釣りに行けない状況の中、家でフットコンの分解して遊んでます。

予備で持ってるフットコンの部品を合わせれば、1台組めそうなので、改造がてらやってみようと考え中です。

その準備として、ペダルを分解していたのですが、シャフトが抜けずに困ったので工具を作ってみました。

フットコンのペダルのシャフトが抜けない

ペダルのシャフトは下図の矢印のやつです。

簡単に抜けないように、キツキツな感じで収まってます。

シャフトより細い棒を当てて、ハンマーでコンコン叩けば抜けるのですが、毎回コンコンするのは面倒なので、シャフトを抜く為の工具を作ることにしました。

CADで設計する

ペダルの寸法を元に、CADで図面を書きます。

作って使ってみないと、使い勝手が分からないので、とりあえず試作1号として作ってみます。

CAMで加工プログラムを作成する

設計した図面をCAMで読み込んで、工作機械の加工プログラムを作ります。

今回はコの字をプレートから切り抜くので、ワイヤーカット放電加工のプログラムです。


ワイヤーカット放電加工

材料を加工機にセット、プログラムを入力してスイッチオン。

切れました。

仕上げ

穴あけ、タップでねじ立てて完成です。

ペダルと干渉する部分があったので、少しフライスで追加工しました。

それと、手で回せるようにノブスターを付けました。


検証

ペダルにセットしてシャフトを抜いてみます。

ノブを回すとシャフトが反対側に押し出されます。

工具を外すとこんな感じに。

無事にシャフトが抜けました。

判定:良

シャフトは無事に抜けましたが、もう少し作り込めば、より使いやすくなりそうです。

まぁ自分用なので、これで良しとします。

こんな感じで、フットコン分解用に工具を自作したりしてます。

他の工具はまた次の機会に紹介したいと思います。

さて、これで作業が進められるので、フットコンの改造に着手しようと思います。