印旛沼水系

自作のラウンドクランクが好調も、サイズが出ず。

こんにちは!

残暑が厳しいですが、時折、涼しさを感じることもあり、季節の進行を感じます。

今年も猛暑でしたが、いざ、秋の気配を感じると、短い夏だったな~と寂しさもあります。

30℃前後くらいの夏が丁度良いですが、そんな季節はもう来ないでしょうね~。

さて、昨日になりますが、クランクのテストで浮いてきました。

今回は金黒のラウンドですが、ちょっと派手過ぎるかな(^^;

フィールドコンディション

時間 5:30~10:00
天気 晴れ
気温 釣り中 26~33℃
風向き 北東2m
水温 28~29℃台
水質 ステイン、アオコ

朝は少し気温が下がったようで、雑草に朝露がついてました。

水温は28℃台と相変わらず。

水質もどんよりで、アオコが浮いてました。

いつも通り、シャローカバーを流していきます。

ファーストフィッシュ

開始早々、アタリか分からない感触があり、とりあえず合わしてみたらこの子でした。

10cmくらいのギル君。

よくそのサイズで、クランクにアタックしてくれましたね!

しっかりフロントフックにバイトしてて、ナイスガッツです。

オススメフック 「瞬貫トレブル ラウンドレギュラー」

最近、フックは良いやつを使ってみよう思い、HAYABUSA社の「瞬貫トレブル ラウンドレギュラー」を使ってます。

市販ルアーだと、DSTYLEのレゼルブやボトムアップのリズィーに使われてます。

凄いシャープで刺さるので、ランディングはネット必須です。笑

サイズが出ない

ギルバイトのみだったので、エリア移動。

日が出てきて、どんどん暑くなってきました。

日陰になってるエリアを流していくと。。。

豆バスとアベレージサイズを追加。

釣れはしますが、サイズが出ない。

このサイズでもしっかりフッキング決まっているので、やはり良いフックは違いますね。


ディープクランクを巻くが。。。

この後、ぱったりバイトが無くなり、ディープクランク投入。

狙いどころが分からないので、ブレイクラインを意識して通してみますが、30分くらいで飽きてきました(^^;

頑張って投げ続けましたが、アタリ無し。

ディープの釣りをするには、やっぱり魚探があった方が良いですね。

適当に投げるのは、時間が勿体ない気がするので、しっかり狙った釣りをしようと思いました。

再びラウンドクランクへ

ディープクランクからフラットサイドに変えて巻いてみましたが、反応がなく、再び自作のラウンドクランクへ。

日が昇って暑くなってきたので、そろそろ終わりにしようとUターン。

途中、良いポイントに絞ってクランクを投げ込んでみると、

少しサイズアップの30cmくらい。

同じようなポイントでもう1本追加。

ガッツリバイトで、ナイスファイトな30cmちょい。

キャストが決まって釣れたので、満足度の高い釣りが出来ました。

流石に暑いので、これにて終了です。


エリア選択が大事

結果論になりますが、釣れた場所の水は他よりキレイでした。

もちろん、他にも条件があると思いますが、この時期は特にエリア選択が大事ですね。

今後、雨、台風で状況が変わると思いますが、それもまた楽しみです。

もう少し涼しくなって、釣りがしやすくなると良いですね(^^;

それでは!