印旛沼水系

風が吹いたら・・・ビーブル1本勝負!

こんばんは!

今日は妻が仕事なので、1日子供の相手をしておりました。

子供が夏風邪をひいてしまい、熱は下がったのですが咳が治りませんで。

本人は元気そうに遊んでいるので、もう少しで全快しそうですが。

子供の風邪は分かりませんからね。

そんな感じで子守をしていると、17時半くらいに妻が帰宅。

定時で終わったようで、出撃許可を申請したところ、承認されたので行って来ました。

フィールドコンディション

時間 18:00~19:00
天気 小雨
気温 釣り中 21℃
風向き 北東5m
水温 未計測
水質 ステイン

今日も時間が無いので、最寄の汐留橋へ。

昨日と同様、短時間、さらには天候不良ですが、何とか1本出したいところです。

昨日と違うのは、風が北東5mと結構強いです。

風裏をやりたいところですが、手数で攻めたいので、風表になるけど足場が良い西側から釣り開始。

今日の作戦

風が吹いたらスピナーベイト!という格言に従って、買ったばかりのボトムアップ『ビーブル』1本勝負でいきます。

いや、ただ単に投げてみたいだけです。笑

と言うのも、

実はわたくし、スピナーベイトでバスを釣ったことがありません!

OSPのハイピッチャーとか、ノリーズのクリスタルSとか、たまに使いますが釣れた事がありません。

なので、スピナベには苦手意識があります。

今回、川村光大郎さんが本気で作ったスピナーベイトということで、これなら釣れそう!という期待感からビーブルを買いました。

ビーブルの印象

投げてみた印象を書きますと、

  • コンパクトサイズで投げ易い
  • 振動が手元に伝わるので、ルアーの様子が分かり易い
  • スプリッターのおかげか、物に当たっても針が刺さりにくい
  • ブレードが良く回る

こんな感じです。

ヘッドは3/8ozですが、全体がコンパクトにまとまっているので、ピッチングしやすいです。よって、ランガンで岸際を流すには持って来いです。

私のはダブルウィローですが、手元に心地よい振動が伝わるので、物にぶつかったり、ゴミが絡んだときなどの変化が分かりやすいと思いました。


スピナベ初フィッシュ!

時間が無いので、岸際をピッチングで流します。

30分くらいノーバイトで、駄目か~と思っていたらコン!というバイトと共にラインが横に走りました。

すかさずフッキング!

25センチくらいですが、スピナベ初フィッシュです!かなり嬉しい!

光大郎さんにありがとうと言いたい気持ちです。

釣り方

釣れたポイントは、下の×印あたり。

水深は1m無いくらいのシャローです。

少し先のマット際に投げて、カーブフォール気味に中層まで落とし、レンジキープで引いてきたら釣れました。


満足にて終了

19時くらいに雨が強くなったので、終了しました。

ビーブルでスピナベ初フィッシュが釣れて満足でした。

今まで釣れなかったのに、ビーブルにしたら一発で釣れるなんて、ちょっと話が出来すぎですが、こうやってルアーに対する信頼が生まれるんですね。

これがコンフィデンスですね。(←言いたいだけ)

サイズは相変わらずアベレージでしたが、本日の任務は無事完了であります。

デカイやつはまた次回に狙ってみます。

一つ懸念事項が

スピナベで初めて釣って感じたこと。

ワイヤーが簡単に曲がるという現実。

少し足場が高かったので、抜き上げてしまったのですが、アームが曲がってしまいました。

まぁ、これはスピナーベイトの宿命ですね。

バズベイトのワイヤーはもっと太いので、気にならなかったのですが、スピナーベイトはワイヤーが細いので、壊れ易いのは仕方ないです。

ファイト中にワイヤーが折れて、バスの口にルアーが残ってしまったら悲しいので、今後、積極的に使うか悩みます。