印旛沼水系

秋は巻物!アメリカンなクランクを巻き倒す!

こんばんは!

もうすっかり秋ですね。

また台風が発生してますが、千葉の被災地はまだ完全には復旧してないので、何事もないことを切に願います。

さて、バス釣りで秋と言えば『巻物』と言われますが、私は良い思いをしたことがありません。笑

秋は苦手意識があって、ずっとワームばっかり投げてきました。

まぁ、それでもあんまり釣れませんでしたが。汗

そんな苦手な秋を克服したいと思い、巻物練習用にアメリカンなクランクを仕入れてきました!

お安くて助かります!

そんな感じで、今日はお昼からフローターで、こいつらを巻き倒してきました。

果たして結果は!?

フィールドコンディション

時間 11:00~15:00
天気 曇り
気温 釣り中 24℃
風向き 北東3~4m
水温 23度台
水質 ステイン

水温、下がりましたね。

それでも、昨日が晴れで、今日は曇り。

ということで、水温はまだ適温キープな感じ。

秋は雨が降るたびに水温が下がって、魚のレンジは落ちていくので、水温チェックは大事だと思います。

あと、水温が下がると水がクリアアップします。先週は台風の影響で濁ってましたが。。。

今日は、岸際は結構クリアになってました。この水質で巻いて釣れるのだろうか?

本日の作戦

バス釣りで大事な要素「場所・レンジ・アプローチ・アクション」について考えます。

場所、レンジについては、適水温、ローライト、水質がステインであることから、魚はカバーにいる必要がなく、泳ぎ回っていると思います。ディープには行かないと思うので、ブレイクラインから上を探ってみます。

アプローチについて、水がクリアアップしているので、濁っていた時よりポイントから距離をとって、ルアーを投げたいと思います。

アクションについて、巻くスピードに変化をつける。時には止めて浮かす、という感じでやってみます。(ヒロ内藤さんがYoutubeで言ってました。)

 先発メンバー

買ってきた4個のクランクだけだと、状況に対応しきれないので、シャロークランクを3個追加。

こちらが本日のフルメンバーとなります。

それぞれ特徴があって、使い分けが楽しみです。

それでは実釣開始!


コットンコーデル BIG-O C78

まずは、クランクの祖、コットンコーデルのBIG-O。

長さ3インチ、重さ10.5g。

シャロークランクだと思って買ったのですが、調べたらミッドレンジクランクでした。笑

最大2m前後まで潜るようです。

C78モデルは3インチサイズなので、結構でかいです。

これでクリアな水の中で魚を騙すには、、、早巻きかな?

ということで、引き抵抗がかなり強いですが、グリグリ巻いてみます。

巻いて潜らせて、何かに当たったら止める。

グリグリ→コツン→止める・・・グリグリ→コツン→止め・・ゴゴン!???

ちょっ!?

何と開始10分くらいで釣れました。

BIG-Oを丸呑み。

38cmくらいのナイスサイズでした。

早巻きメソッド使えそうです。

折角なので、こっちのBIG-Oも使ってみます。モデルは同じC78です。

頑張って1時間ほど投げましたが、反応無し。さすがにカラーが派手過ぎたか?笑

軟弱な両手首がやられたので、ルアーチェンジです。

ノーマン ディープベビーN

小型のディープクランク、ノーマンのディープベビーN、通称「DBN」です。

長さ2インチ、重さ7gくらいあるので、ベイトでも投げれます。

ベビーNは最大2.5mくらい潜るようなので、これからの季節に使えそうです。

小さくて泳ぎは弱いので、ゆっくりバスに見せて食わせるイメージで巻いてみます。

トロトロトロ・・・・と巻いていると、ココン!とアタリ!

34cmくらいの食いしん坊でした。

場所はオープンエリアのレンジ1~1.5mくらい。

ゆっくり巻いて食ってきたので、ベイトのサイズとマッチしたのかな?

釣れたのでルアーチェンジ。


ノーマン ディープリトルN

ディープベビーNの兄貴分、ディープリトルN。

長さ2.5インチ、重さ10gくらい。3m以上潜るディープクランクです。

泳ぎはベビーNと同じく、弱い感じ。

さすがにディープクランクは時期的に早いかな~と思いつつ、ブレイクラインと平行にゆっくり巻いてみます。

すると・・・

リトルバスが釣れました。笑

レンジを下げたせいか分かりませんが、サイズが落ちたので、シャロークランクにチェンジしてみます。

Strike King KVD SquareBill 1.5

去年、買ってみてあんまり使ってなかったので、持って来ました。

最強トーナーメンターのKVDが開発したシャロークランクですね。

長さ60mm、重さ10.5g、深度1.5mくらい。

千鳥クランクとして有名らしい。

私は使い込んでないので、アクションについては良く分かりません。笑

とりあえず、他のシャロークランクと同じようにカバークランキングで使ってみます。

すると、

アベレージとまぁまぁサイズが連発。

今年の夏に覚えた、カバークランキングは秋も使えそうです。

夏のカバークランキングで連発!カバー撃ちも!こんばんは! お盆休みはやばいくらい暑かったのに、休み明けてから急に秋の気配を感じる今日この頃です。 夏にフローターやるなら...

この後、35cmくらいを追加して(撮影直前にオートリリス)、満足したので終わりにしました。

秋は巻物で釣れました。

結果から見ると、秋は巻物で正解でした。

水温が下がって、散り散りになったバスを効率良く探すには、撃つより巻いたほうが早いです。

ただ、台風や雨で水が濁ったら、カバー撃ちも有効だと思うので、その時のフィールドの状況に合わせるのが大事ですね。

今日に限って言えば、とりあえず巻けば釣れる感じだったので、色々試せて勉強になりました。

これからの季節は、横方向のルアーの方が反応が良いので、引き続き巻いていきます。

あぁ、今日は、両手首に湿布をはって寝なければ。笑

それでは!