印旛沼水系

ティムコのアーマーチャガーを使ってみた!【インプレ】

こんばんは!

今日は梅雨らしい天気で、釣り日和でしたね。

今日は朝から午後まで買出しがあって、夕方から出撃してきました。

最近、フロッグ系がマイブームなのですが、ティムコから出ているアーマーチャガーというルアーをご存知でしょうか?

先日、釣具屋さんで売っていたので買って見ました。

CRITTER TACKLEシリーズの一つで、エラストマー素材で出来てます。

同シリーズでは野良ネズミが有名すぎて、他のルアーは目立たない存在ですが。笑

ティムコ アーマーチャガー

ルアーコンセプトは「難しかったフロッグゲームをもっと身近に!!」とのことで、フッキングし易いように設計されてます。

親切なことにフックが1本付属しております。

フックはオフセットフックの#4/0で、ワイドゲイプ。

重さが10gあるので、ベイトで楽々投げれます。

頭の見た目はカエルというか、ヘビっぽいです。笑

腹側にはスリットが入っており、フッキング率UP!野良ネズミにもスリットが入ってますね。

推奨タックル

  • ロッド:ミディアムヘビー以上のベイトロッド
  • ライン:PE 50~80lb、ナイロン16~30lb、フロロ16~25lb

私はミディアムのロッドで使ってますが、ヘビーカバーじゃなければミディアムでも問題なさそうです。

フックの付け方

出展:TIEMCO

フックの付け方はティムコHP、もしくはパッケージ裏に書いてありますので参考に。

スリットのがあるので、比較的、真っ直ぐ指しやすいです。

浮き姿勢

付属フックなだけあって、キレイな浮き姿勢です。

あえて沈み気味に設計することで、ショートバイトでも吸い込みやすくなってるようです。

あと、エラストマー素材のモチモチ感がやばいです。

水で濡れているとモチモチというか、ベタベタします。笑


実釣テスト!

前書きが長くなりましたが、午後4時くらいに現場に到着!

時間 16:00~19:00
天気 曇り
気温 釣り中 22℃
風向き 南東5~2m
水温 23℃
水質 濁り気味

前回のクローンフロッグ釣行と同様、浮き草をメインに攻めていきます。

https://bass-kousaku.com/hanami-river-20190618/

いきなりミスバイト

開始直後、浮き草の上を横移動させていたら、吸い込みバイトがありました。

ルアーが消えてから合わせたのですが、乗りませんでした。

チラッと見えた感じでは20センチくらいだったので、吸い込みきれてなかったかもしれません。

もう少し、フッキングのタイミングを遅らせてみようと思います。


やはり浮き草

ランガンしながら移動すること30分、浮き草の上で、今度は提灯気味に揺らしてアクションしていたら、チョボッ!と吸い込みバイトが!

25センチくらいでしたが、トップで釣れて最高です!

結構カバーに引っかかる

アーマーチャガーは口が開いてるので、カバーのすり抜けは苦手です(^^;

正しい使い方としては、オーバーハングの下などに滑り込ませて、ポップ音、チャガー音でバスにアピールしてバイトを誘う、という感じです。

フローターで使ってみたい

以上、アーマーチャガー釣行でした。

1匹釣れた後は、サイズアップを目指してバズベイトを投げましたが、出ませんでした。

アーマーチャガーはフローターでオーバーハングに入れて使えば、もっと釣れる予感がします。

浮き草の上は、すり抜けが良いルアーの方が引っかからなくて、ストレスが無いです。

ということで、次回のフローター釣行時に、アーマーチャガーを使ってみたいと思います。